全身ケア
有効成分美容老化防止全身ケアがん
******

プラセンタとアンチエイジング

人間の身体の細胞の表面にはレセプタと呼ばれる受容体があり、そこに「成長因子」と言われる成分が結合すると、必要な情報が伝達され、細胞分裂が始まります。
人間は自分の身体の中でこの成長因子を作り、古くなった細胞や傷ついた細胞に働きかけて新陳代謝を図り、成長したり、ダメージを回復したりしているのです。
身体がピチピチと元気を保ち続けるためには、成長因子はなくてはならない成分です。

子どもの頃は、体内でたくさんの成長因子が作られていますが、年齢と共にだんだん減少していきます。
成長因子が減れば、細胞の新陳代謝の速度は弱まります。
細胞のリフレッシュが停滞してくることで、肌の張りもなくなり、筋肉量や骨密度が落ち、活性酸素をやっつける作用ほか様々な機能も停滞していきます。
それが老化現象です。

哺乳類は、体内で赤ちゃんを育てる際、胎児と母体を繋ぐ胎盤が、赤ちゃんの育成を助ける働きをしています。
胎盤では、赤ちゃんの発育を短期間で急激に進めるためにたくさんの成長因子が作られています。
最近注目を集めている「プラセンタ」は、ヒトや動物の胎盤からその成分だけを抽出したエキスのことです。
もちろん、成長因子成分も豊富に含まれています。

プラセンタエキスの入ったサプリメントを飲んだり、液剤を注射することで、加齢によって減ってしまった体内の成長因子を補充できます。
すると、停滞していた細胞の新陳代謝が再び促進され、若かった時のような活力のある身体を取り戻すことに繋がります。
また、成長因子の中には抗酸化作用を高める働きをするものもあり、元気な細胞の損傷も防ぎます。
プラセンタは、アンチエイジングを手助けする力強い味方となるものなのです。

MENU

Copyright(C)生命の源を活用して健康的な日常生活を送る