全身ケア
有効成分美容老化防止全身ケアがん
******

基礎代謝向上とプラセンタ

ヒトや動物の胎盤からその有効成分を抽出して作られるプラセンタには、新陳代謝を促したり、自律神経やホルモンの働きを整えたり、免疫力を上げたりする効能が認められてきました。
これは、豊富に含まれる栄養素と、胎盤で作られる成長因子の働きによるものと言われています。
成長因子は細胞分裂を促進する物質で、人間は皆自分の身体の中で作っています。

子どもの頃はたくさんある成長因子ですが、大人になると減少していきます。
新陳代謝が落ち、筋肉や骨の量も減っていき、損傷した細胞の修復も遅くなり、身体のいろいろな部分の働きがうまくいかなくなってきます。
これがすなわち老化現象です。
成長因子の働きのピークは10歳くらいで、20歳を過ぎると後はもう長い時間をかけて老化の一途をたどっていくのです。

様々な美容・健康商品の中で唯一成長因子を含んでいるプラセンタを摂取することで、身体の働きを多方面で活性化し、若さと健康維持を補助することができます。
特別に体を動かさなくても、人間の身体は、内臓や脳を働かせて、呼吸や循環やその他生命維持に必要な様々な活動を行っています。
これらの活動のために使われるエネルギーを基礎代謝と言います。
人が生きて活動するためのエネルギーのうち、実に70%程がこの基礎代謝に使われています。
基礎代謝の多くは、細胞の一つ一つが生きていくためのエネルギー消費なのです。

加齢により筋肉が減少したり、内臓の働きも鈍くなると、基礎代謝も大きく落ち込みます。
代謝が減っても食べる量が同じだと、消費と供給のバランスが崩れて、太ったり、体調バランスが崩れて冷え性や肩こり、腰痛、便秘など様々な症状がでる場合もあります。
プラセンタの成長因子は筋肉や骨や血液の細胞増殖を促す働きをするため、急激な筋肉量の低下を防ぎます。
神経や免疫など身体の調子のバランスを整える働きをする因子の効果で、体内の機能も活性化させます。
その結果、落ち込んでいた基礎代謝を再び向上させることができるのです。

MENU

Copyright(C)生命の源を活用して健康的な日常生活を送る